遊ばせている土地を「土地活用」で上手に利用しよう

立地がよいこともありすぐに入居者が決まりました

すでに私が住む街でもコインパーキングがぼちぼちでき始めていたので、コインパーキングも検討しました。
ただしコインパーキングは月極駐車場とはちがい、初期投資額が大きくなります。
月極であれば土地を均してアスファルトやコンクリートで固めればほぼ完成しますが、コインパーキングは様々な設備を作る必要があるのです。
メンテナンスの問題もあるでしょう。
それ以外であれば、商業ビルやコインランドリーも立派な不動産投資に当たります。
ですが、ビルを建てるには鉄筋や鉄骨で作って、金がかかるうえに自分の所有地は商業地ではありませんから、それは断念しました。
コインランドリーも最近増えている投資法です。
でも、まだまだ様子を見てからにしたほうがよいと断念。
そうやって考えていくとやはり、アパートやマンション建築が良いのではないかと結論に達しました。
アパマンであれば、土地を担保にして金融機関から融資を受けて、建てることが出来ます。
法律の都合上私の所有地は、3階建てまでしか建てられませんので、木造や重量鉄骨の3階建てアパートにしようと決めました。
木造であれば坪単価も安く上がりますが、鉄骨に比べるとやや寿命が短いのが難点です。
ところが、最近の木造アパートは実に頑丈な作りで、きちんと修繕を積み重ねれば50年は優に持ちます。
その後3階建ての木造アパートが完成し、立地がよいこともありすぐに入居者が決まりました。
普通は転勤や異動の多い3月や9月に、アパートを完成させるのが理想的であるといわれます。

50坪程度の土地を所有しています立地がよいこともありすぐに入居者が決まりましたアパートを建設して本当に良かった